報告の最近のブログ記事

JAGDA(日本グラフィックデザイナー協会)が企画・運営する「JAGDA つながりの展覧会 Part2」において、はまゆうメンバーの佐々木英明さんのデザインがメインビジュアルの一つに選ばれました!

bck_2.jpgfrnt_2.jpg
JAGDAは、2018年から2020年までの3年間、デザインの"つなぐ力"を使って、障害のあるアーティストとパラリンピアンを応援している団体です。

Part1はマスキングテープでしたが、Part 2はスポーツ観戦などに持っていくことができて、省資源にもつながる「タンブラー」がテーマになります。

使用されるデザインは、障害のあるアーティストの作品ライブラリー「エイブルアート・カンパニー」登録作品(一部を除く)から、JAGDAの会員デザイナーが選び、タンブラーのカバーをデザイン。

東京ミッドタウン・デザインハブ(ミッドタウン・タワー5F)を皮切りに、1年をかけて全国で展示・チャリティ販売されます。

イベント詳細(WEB)はこちら。

※画像クリックで拡大
【うまく表示できないとき】
(右クリック/対象をファイルに保存/デスクトップ等にダウンロードしてご覧ください。)

FUKUSHI就職フェアに参加しました!

11月12日(日)、『FUKUSHI就職フェア』に参加しました。

サポートセンター落成式開催!

4月25日(土)、なのはなサポートセンター落成式が行われました。

晴天の下、地鎮祭をおこないました!

5月12日(月)、共生型福祉施設「なのはなサポートセンター」の起工式(地鎮祭)がおこなわれました。当日は天候にも恵まれ、つつがなく神事を終えることができました。式の中では、法人を代表して「地鎮の儀(じちんのぎ)」を伊藤事務長、「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」を加賀谷サポートセンター長がおこないました。無事に地鎮祭も終わり、本格的な建設工事が始まります。工期中の安全・無事を祈りながら、一日も早く新棟が完成するのを待ちましょう!

 

DSC00428.JPG

DSC00426.JPG
2013年6月4日(火)10:15~ 場所:仙台市福祉プラザ2階ふれあいホール
会員数 455名  出席者数 86名  委任状 266名

後藤東陽後援会会長より活発なご意見を頂きたい、との挨拶があり、伊藤博義なのはな会理事長からも挨拶を頂いた後、議長選出され、議事が進行され各議案について承認を得、新年度がスタートすることになりました。

2012年6月8日(金) 10:15~ 場所:仙台市福祉プラザ2階ふれあいホール
会員数 437人  出席者 68名  委任状 357名

後藤東陽後援会会長より和やかなご挨拶をいただき、
伊藤博義理事長から「ご助言・ご意見等、精神的な支援もお寄せいただき、会員の方々に入ってよかった、楽しいと思っていただける後援会となるよう、皆さまのご協力をお願いしたい」というお話がありました。

続いて、衆議院議員 岡崎トミ子氏からのメッセージが代読されました。

その後、議長選出され議事が進行され各議案についても承認を得、新年度がスタートすることとなりました。