『FUKUSHI就職フェア』に参加しました。

11月13日(日)、『FUKUSHI就職フェア』に参加しました。
これは、仙台市内の福祉事業所が参加する学生向けの就職ガイダンスです。
このイベントになのはな会からは若手職員5人で参加してきました。とは言っても、本当の若手は2人だけで、あとは"やや若手"が3人(笑)
ph20161119_2.jpg
ph20161119_1.jpg


フェアの会場はなんと、トラストタワー!!
会場の雰囲気にのまれ、緊張感たっぷりで学生をお迎えすることになりました。


当日は、主に仙台市内から15事業所(社福・NPO・株式会社)が出展し、90名の学生が集まりました。


ph20161119_4.jpg
ph20161119_3.jpg


なのはな会のブースには40名を超える人が足を運んでくれました。

来場した学生のほとんどは3年生ということで、次年度の就職活動に向けて「福祉で働くか」「高齢分野がいいか、障がい分野がいいか」「どの法人が魅力的か」などを各事業所ブースを回りながら確認していたようでした。


ph20161119_6.jpg
参加した職員総出で、学生と会話しながら、障がい者福祉の魅力や面白さ、なのはな会の理念や特徴などについて伝えました。


学生からは、こんな質問がありました。

・働くまでにどんな勉強をしたらよいか?
・資格や経験を活かして働きたい。
・仕事をしていて楽しいこと、つらいことは何か。
・職場の雰囲気について。仲はいいのか?
・残業はどれくらい?
・給与は?福利厚生は?
・なぜ障害福祉の道に進んだか?
・法人の職員採用スケジュール



ph20161119_7.jpg
ph20161119_5.jpg


今回のフェアに参加して、私たちも学ぶことがたくさんありました。

学生の方々に、福祉の魅力、障がい者福祉の魅力、そしてなのはな会の魅力について相手の心に響くように自分の言葉で伝えること。この力を磨いていく必要性を感じました。

また、採用に至るまでのプロセスも明確にしていくことも大切だと感じました。いろいろと勉強していかなくてはと思う良い機会となりました。