2012年度(平成24年度)なのはな後援会総会 報告

2012年6月8日(金) 10:15~ 場所:仙台市福祉プラザ2階ふれあいホール
会員数 437人  出席者 68名  委任状 357名

後藤東陽後援会会長より和やかなご挨拶をいただき、
伊藤博義理事長から「ご助言・ご意見等、精神的な支援もお寄せいただき、会員の方々に入ってよかった、楽しいと思っていただける後援会となるよう、皆さまのご協力をお願いしたい」というお話がありました。

続いて、衆議院議員 岡崎トミ子氏からのメッセージが代読されました。

その後、議長選出され議事が進行され各議案についても承認を得、新年度がスタートすることとなりました。

 

***

 

2011年度後援会事業報告

    1. 総会
      2011年5月26日(木)10:30~ 会場:荒巻コミュニティーセンター1階大広間
    2. 学習会
      『サポートセンターの事業について』なのはなサポートセンター長 加賀谷 尚 氏
    3. 会員拡大と収益を目指した活動
      ①映画『うまれる』12月1日仙台市福祉プラザにて 3回上映 収益金:600,000円
      ②新米販売2011年10月実施 収益金:208,950円
      ③物品販売 野菜、豆腐の販売、書き損じハガキ等の回収 収益金:146,581円
    4. 編集委員会 年5回 : 5月 7月 10月 12月 3月


2012年度後援会事業報告
 

  1. 総会
    2012年6月8日(金)10:15~ 会場:仙台市福祉プラザ2階ふれあいホール
  2. 学習会
    『3.11を生き抜いた重い障がいのある子どもたち』宮城教育大学教授 菅井 裕行 氏
  3. 会員拡大と収益を目指した活動
    ①会員拡大にご協力ください。
    ②映画上映(上映時期は、下半期)
      上映映画は未定。どんな映画がよいか、たくさんのご意見をお聞かせ下さい。
    ③新米の販売  ④野菜・豆腐の販売  ⑤書き損じハガキと未使用切手の収集  ⑥その他

  4. 編集委員会 会報発行 年5回 : 5月 7月 10月 12月 3月


☆2012年度の新事業について 法人より☆

○今年4月から医療的ケアを必要とする障害児・者のためのレスパイト「あっとほーむ・あおぞら」を開始。
 将来的に重症児・者のためのレスパイトを本格的にセンターとしてやっていく、という出発をした。
 5年後にはより充実したものを目指している。みな様のご支援で大きく育てていただきたい。

○男性ケアホーム定員に1か所空きがあり。
 ケアホームを充実させ、一層、発展するよう支えていただきたい。

○各施設での送迎事業は財政的に困難で、現在、本部で全施設の送迎をまとめて実施している。
 今年度から障害給付金の本体に加算給付がつけられる事になったが、財政的に足りず、
 送迎利用者の方に積極的に寄付金などを頂き、ご協力を得ながら続けている。