サポートセンター内部研修レポート『意思決定支援』

なのはなサポートセンターでは、年に数回、職員がそれぞれチームを組んで内部研修を行っています。
本年度、第1回目の研修は「意思決定支援」をテーマにしました!!

講義形式で、「意思決定支援とは何か?」ということと、厚生労働省から示されている、「意思決定ガイドライン」についての学びを深めました。

その後、実際に支援を行っている利用者さんを1名選んで、意思決定支援会議を実践してみるグループワークを行いました。※ワークシートを参照してください。

20190820_knsy_1.jpg
20190820_knsy_2.jpg

















〇参加した職員の感想です。
「15年以上前に法人で定めた、職員倫理綱領には、『わたしたちは、みなさんの"自分で選ぶ・自分で決める・自分で行う"この気持ちをたいせつにします』ということが定められており、改めて法人の先見性を感じることができた。」

「今関わっている利用者さんとの支援について、"意思形成支援"、"意思決定支援"、"意思実現支援"なのかを意識することできたことでより深く振り返ることができた。」

「これまでの職員会議でそのことをテーマに深く議論することがなかったが、意思決定を通して利用者を考えることができたのが良かった。」

「意識をしていない中で、支援者の体調や気持ちの状態によっては、パターナリズムになっている部分があるのではないかと考えされられた。」

以上、職員それぞれに自分自身の利用者への関わり方を振り返るよい機会となったようです。
(記 太田勇樹)


<今回の内部研修で使用したワークシート>

worksheet.pdf

20190820_knsy_3.jpg