救命救急講習を受けて

8月6日(月)サポートセンター内部研修として救命救急講習を行いました。

ph20180827_1.jpg
救命救急講習を受けるには事前に約1時間の仙台市消防局・応急手当WEB講習を受講し証明書を取得しての当日の講習になります。









ph20180827_2.jpg
始めに救命救急についてのビデオを見たあと、救命救急士の方から説明を受けながらの実践に移りました。

ビデオには迅速な救命を行えていれば救えた命があったことなど紹介され心に響きました。






ph20180827_3.jpg
実践の前半は胸骨圧迫(心臓マッサージ)と人工呼吸までを行いました。

職員それぞれが倒れている人を発見する役割、通りがかりに救急車を呼ぶ役割、と3名で実践を行いました。








ph20180827_4.jpg
















ph20180827_5.jpg
後半はAEDを持ってくる役割を行う人が追加され使うまでの流れを教わりました。

AEDで1回目の電気ショックをしたあと2回目の電気ショックが可能になるまでの2分間を胸骨圧迫(心臓マッサージ)を途切れさせないように交代しながら行いました。

2分間は意外に長く、交代する際の声のかけ方等はよい練習になりました。

実際の現場で知らない人同士が行うにはとてもハードルが高いように感じましたが、救命救急が一人の命を救うことを考えれば一人でも多くの人が経験するべき講習だと感じました。

記:長江

このブログ記事について

このページは、nanohanaが2018年8月27日 00:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「グループホームライラ近況報告」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02