アメニティーフォーラム22に参加しました!

2月9日~11日、滋賀県大津市にて障がい福祉に関する課題や今後の行く末について、国や現場で実践している方々からの講演に参加しました。
20180228_4.jpg
また、同時開催しているアール・ブリュット国際フォーラム、アール・ブリュット作品展、バリアフリー映画祭などなど、見どころ満載な時間でした。身体が足りない!

会場は参加者(1500人超!)の熱気があふれていました。この空気感を味わえるのはきっとアメニティーフォーラムだけ!相談支援や医療的ケア児やIoT×障害者支援などのセッションに参加しました。早朝から深夜までのプログラムなので頭がパンクです(汗)


20180228_2.jpg
セッションに疲れたら......
アール・ブリュット「共融地点」へ。

「共融地点」は日本と中国のアール・ブリュット作品を一堂に集めた展覧会です。アール・ブリュットとは、「生のままの芸術」を意味します。障がいのある方の表現力に圧倒されました。色彩が豊かなものもあれば、緻密に作り込まれている作品もあり、表現をぶつけるさまに国籍は関係ないんだなと思いました。








20180228_3.jpg
アメニティーフォーラムの後にはそのまま近江八幡市まで足をのばしてみました。「ボーダーレス・アートミュージアムNO-MA」は障がいのある方の表現活動の展示はもちろん、一般のアーティストの作品と並列しており、「人の持つ普遍的な表現の力」を表しています。
作品の持つエネルギーに圧倒されました。

そして、アーティスト(障がいのある方)の生き様を世に伝える手法は相談員としても勉強になりました。近江商人が活躍した街並みに溶け込んだ素敵なミュージアムです。

皆さんもぜひ足を運んでみてください。
これからの支援の原動力になる3日間でした!!
(記 大友 航)

このブログ記事について

このページは、nanohanaが2018年2月28日 18:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「本年もよろしくお願い申し上げます」です。

次のブログ記事は「サポセンに乾燥機が来ました!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02