年度の始めに

4月3日辞令交付式の後に、年に一度のサポートセンター職員が全員集合する会議があり、昨年に引き続き『職員による選手名鑑』作成や自己紹介、メインイベントの各事業のスローガン発表がありました。
 なのはなサポートセンター2017は『やってみる』
 新たな挑戦をしていきたいセンター長の思いが心にしみました。


各事業もそれぞれの思いを込めたスローガンを掲げました。

 ★あっとほーむ(レスパイト事業)とライムライト(短期入所事業)は、『弱音を吐く』

 ★オールハンズ(居宅介護等事業)は、『維持』

 ★グループホーム(共同生活援助事業)は職員を増やしたい一心で、『増』

各ホームごとには、スピカ『新築・つなぐ』、ライラ『聴く』、スターシップ長命ヶ丘は『辛い時ほど笑顔で』、東黒松は『広げる支援つながる和』。

 ★ピース・スマイルは、『仕事にえらばれる』

 それぞれに込めた思いを発表しサポートセンターの一角に貼りだしました。


「なんのこっちゃい!」と思われるかもしれませんが、これで職員がチームとしてひとつになり、また新しい一歩を踏み出しました。職員の気持ちは前を向いています。応援よろしくお願い致します。
(記:加藤英理子)

このブログ記事について

このページは、nanohanaが2017年5月 7日 21:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なのはなサポートセンター職員研修レポート(H29/3/6)」です。

次のブログ記事は「春のお花見と町内清掃に参加しました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02