地域包括ケア会議に参加しました

今年度、ピース・スマイルでは、より地域についての学びを深めていくことを目標に、当事業所圏域の包括圏域ケア会議に参加させていただいています。
包括圏域ケア会議は、地域の包括支援センターが開催する地域の皆さんとのつながりを持ち、地域のことをみんなで考えていく会議です。

地域の高齢者の状態や、相談内容の報告、更には80代認知症の方の事例を用いたグループワークを行い、その方の思いに寄り添う地域づくりについて意見交換もしました。皆さん地域愛に溢れた方々がご出席されていますので、意見交換も白熱してきて、とても勉強になります。

ph20170309.jpg仙台市では「認知症ケアパス」という冊子を作成し、認知症の当事者とその家族を孤立させないための取り組みを行っています。

仙台市の認知症ケアパスは、当事者さんが一緒に参加して作成したとのことでした。

ある日突然、認知症という診断を受けても、すぐに重度の認知症になるのではなく、記憶に留められることとそうではないことが入り混じりながら進行する為、当事者の受けるショックや病気の受容の過程で、このような冊子が、色々な意味で役に立つということを知りました。

現在、各区ごとの認知症ケアパスの作成にも取り組んでおられるとのことでした。



 地域包括支援センターは、高齢者の皆さまが地域で安心して生き生きと暮らしていけるよう、保健医療の向上や福祉の増進を支援する中核拠点として、市内50ヶ所に設置しています。

高齢者や家族の方からのさまざまな相談に応じるとともに、介護予防サービスの紹介や関係機関との調整、虐待防止などの権利擁護活動を行っています。

「高齢者」というところを「障害児者」に置き代えてみると、私たち障害者相談支援事業所ととても似ている仕事を担っていらっしゃいます。

会議に参加させて頂いたり、一緒にケースを持ったりする中で感じることは、障害分野の相談や事業は、これまで個別ケースの支援が主となり、地域作りというところまで意識をして取り組むことがあまりできなかったということです。

ここはとても見習うべきところで、これからも地域包括支援センターのみなさまと一緒に地域作りをする一端を担えればと思いました。



 少し、話は変わりますが障害を抱えた方々の計画相談を進めていく中で、ご家族は、将来グループホームを目指したい、というお気持ちをよくお聞きします。しかし当事者の方のお話や様子を伺っていると、本当は自宅でずっと過ごしたいんじゃないかな?と思うことがあります。ご家族のこれからに対する「安心」とご本人のこれからに対する「安心」は少し違うこともあるようです。

こんな時、なぜその方は「自宅」で過ごしたいと思っていらっしゃるのか?そこをしっかりと推察しなければなりません。

■自宅でしか過ごしたことがないから・・・

■以前、入所施設を利用されていて、比較をして自宅がいいと考えているから・・・

■大好きな家族がいるから・・・

その方の生活歴から、ことばにならない声を聞き取り、推察していくことが大切だと感じます。


障害福祉にあって、介護保険にないもの。それが「意思決定支援」という文言だそうです。
『意思決定』とは、①決定を下支えする十分な体験や経験があり、②決定に必要な情報の入手・理解(統合)・保持・比較、活用がなされ、③決定した意思が表出、実行できる、という3つのプロセスを経ることが意思決定で、そのプロセスを支援することが意思決定支援なのだそうです。

「やったことがあるからこそできる、選べる。」訳で、そこまでの経験をしてきた上でのグループホームなのか?はたまた自宅なのか?当法人では幼児期から成人期までの支援を行っていますが、やはり大切な事は、生活経験をいかに重ねていき、自分で考えながら自分の思いを表出できる方法を見つけていくか?ということなのかもしれません。

時に緩やかに、何度もチャレンジを繰り返しながら決めていく事もあるでしょう。また少し考えて全く反対の意見になることもあるかもしれません。そしてすぐに答えは出せなくて、誰かに決めてもらうことはあるかもしれませんがそんな時は、あとで文句の一つも言えるゆとりを作ることが大切な事もあるかもしれません。


とにもかくにも障害のあるなしに関わらず、人は試行錯誤しながら、行きつ戻りつしながら周囲との関係性で意思を決定するものであること。

そしてとりわけ障害がある方は、一度は支援者に決めてもらうかもしれませんが、その後「次も希望するか?」ということがポイントになっていくことを忘れずに、"添い遂げる"覚悟をもって支援を考えていかなきゃならない・・・と改めて感じたのでした。

相談支援専門員一人ひとりの力量が試される『意思決定支援』これもまた、学び直しが必要そうです。
(記:遠山裕湖)

このブログ記事について

このページは、nanohanaが2017年3月 9日 15:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「H28年職場説明会・合同面接会に参加してきました」です。

次のブログ記事は「なのはなサポートセンター職員研修レポート(H29/3/6)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02