新年度を迎えるにあたって

仙台市泉区に建つ「なのはなサポートセンター」の界隈では、街路樹のこぶしが花を咲かせるのとともに新年度が訪れます。
もっとも今年は季節の移り変わりが例年より早く(桜の開花が観測史上2番目!)、そのためなのかどうかはわかりませんが、ただでさえ慌ただしい"年度変わり"がさらに輪をかけて押し寄せ、サポートセンターの職員は目がぐるぐる回っている状況です。目がぐるぐる回っているのと一緒に地球もぐるぐるとお日様の周りを回っているので、やっぱりまたいつものように4月がやってきました。


4月は始まりの月、移転リニューアル後一周年を迎える当センターとしては、本年度を"本格始動の年"と位置付け、障がいのある方の地域生活支援事業の発展のために、より力を尽くしていく所存です。


そしてこの4月には『障害者差別解消法』と、『仙台市障害を理由とする差別をなくし障害のある人もない人も共に暮らしやすいまちをつくる条例』がいよいよ施行されます。障害のある方々の地域生活を推進するための枠組みがまた少し進展することを期待したいと思います。本当は、このような法律や条例がなくとも差別や偏見がなく、障がいのある方々の人権と生活が守られ、障がいのある方の意思が尊重される社会であることが理想なのですが、マイノリティである人々が権利を行使するためには、法令によって社会的な指標なり基準なりを設けることも止むなしかなと思います。いずれにしても私たちが望むのは、人々が、そして街が、社会が、障がいのある人を含む何かしらの"生き辛さ"を抱える人たちを排除したり、置き去りにしたりしないようになって欲しいということ。それが"合理的配慮"のようなことじゃなかったとしても、みんなが自分のできる範囲で少しずつ何かを持ち出すことによって、みんながわかりあえたり幸せになれたりできるとしたら、それは素敵なことなのではないかと思うのですがいかがでしょうか。


本年度もこんな感じで、できるだけ多くサポートセンターのニュースを発信していきたいと思いますので、ときどきチェックしてくださいね。どうぞよろしくお願い致します。


平成28年4月2日
センター長 加賀谷 尚



4月1日 いよいよ新年度が始まりました!サポートセンターは5つの事業体の集まりなので、いつもスタッフそれぞれが地域の各所で仕事をしています。1年を通してこの日だけが全員集合することができます。今年の事業計画の説明をセンター長から受け、気持ち新たに共生型福祉施設として、障がいを抱える方々の地域生活を支援させて頂く立場として自分たちの役割を見直しました。


今年はサポートセンターとして、各事業所体としてスローガンを発表しました。



0402_1.jpg
サポートセンターは、「創る」人材不足等々抱える課題はたくさんありますが、みんなでアイディアを出していき、利用者の皆さんに必要なものは「無いものを創っていく!」という心意気で行きたいという思いを言葉にしました。










0402_2.jpg
レスパイト事業所あっとほーむ・なのはなは「一日一善」1日1回利用者との関わり、スタッフ間で善いことを見つけていこう!という思いが込められています。











0402_3.jpg
居宅介護支援事業所オールハンズ・なのはなはのスローガンは「増」スタッフも利用時間も増やしていきたいという思いと、なにより移動支援や居宅介護支援を通して、利用者さんの経験を増やすお手伝いをしていきたいという思いが込められています。









0402_4.jpg
障害者相談支援事業所ピース・スマイルでは、「らいふあんどわーくばらんす」相談支援をご利用する皆さんは困りごとがある時に利用されます。その困りごとはいつ何時起こるかわかりません。熱い思いのある相談支援員が揃っている?!ピース・スマイルは、ついついオーバーワークになりがちです。相談者の皆さんの不安や思いに常に冷静に、公平中立のスタンスで向き合うために、自分自身の心の整理も大切にしていこうという思いが込められています。






0402_5.jpg
グループホームは各ホームごとに、スローガンを出しました。グループホーム全体としては「わ」お互い完全な形ではないけれどお互いの、でこぼこをうまく併せて利用者とスタッフの輪(和)を創っていきたいという思いです。
スピカは「仲間の思いをつなぐチームワーク」一人一人の思いを大切にしていくグループホーム作りを目指します!
ライラは「新築」今年4月に竣工予定の新しいグループホームに引越をするライラメンバー。気持ち一心に生活も絆も新築していこう!という願いが込められています。
スターシップ長命ヶ丘は「食事時 会話をしよう 5分間」男性グループホームの長命ヶ丘は益荒男揃いのホームです。食事も豪快!でも、たまにはお話をしながらよく噛んでおいしく食事を摂ろう!という思いがあります。もちろん肥満防止にも大切です。
東黒松は「プルーン ヨーグルト 僕 快便・・・」ちょっとおふざけのように聞こえるこのスローガン。健康の基本はくうねるあそぶ。身体の調子を整えることを大切に!そしてお通じが良い≒通りが良いと捉え、家庭とグループホームと事業所間の連携、連絡の通りをよくしていこう!という思いがある深いい?スローガンでした(笑)


0402_6.jpg
最後に短期入所事業ライムライト「迷わず行けよ。行けばわかるさ」平成27年度手探りで始めた新しい事業のライムライトは利用者さん、お一人おひとりが自分のこれからの生活を考えられる経験やご家族の緊急時に対応できるようその在り方を考えてきました。これまで男性職員一人での運営だったため受け入れが難しかった、女性の利用者の受け入れを本格的に検討する1年になります。












0402_7.jpg
全事業所分サポセンに掲示していますよ!













0402_8.jpg
そして、最後はいつもの自己紹介をただの自己紹介に終わらせず、今年は「なのはなサポートセンタープロ支援者カード!」作りをしました。プロ野球選手カードにヒント?!をもらい名前やポジション(所属事業所)、背番号<各自好きな番号)趣味特技 ニコリホット(自分がにっこりできる事、ほっとする瞬間など)を記入しました。今年は素晴らしい選手名鑑が出来そうです!

このブログ記事について

このページは、nanohanaが2016年4月17日 21:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「泉中央南復興公営住宅と近隣の親子交流会『ママるん広場』を開催!」です。

次のブログ記事は「春の町内清掃とお花見に参加しました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02