あっとほーむ・ライムライト合同芋煮会

10月9日月曜日晴天に恵まれた体育の日、余りの好天に「お外でご飯が食べたいね」と話が盛り上がり急遽芋煮会を開催することになりました!
10月12日、なのはなサポートセンターにて「成年後見制度」をテーマに内部研修を行いました。

収穫の秋

サポートセンターの庭にブルーベリーが実りました。

プログラミング思考体験

2020年から実施される教育改革で小学校でのプログラミング教育が必修化されるとテレビで紹介されていました。それってどんなものか、私の簡単な解釈としてはプログラミング的思考を身に着けることのようでした。(間違えていたらすみません(^_^;))

お譲り下さい

なのはなサポートセンターのレスパイト事業所『あっとほーむ・なのはな』と、短期入所事業『ライムライト』では、「家庭的な雰囲気づくり」や「利用者さんの興味・関心に応じた余暇の過ごしの提供」に努めていますが、その支援ために必要な物品の消耗が著しく、不足が出ております。

つきましては、チラシに掲載している物品のうち、皆様のご家庭で余剰なものがございましららご寄付をいただけるととても有り難いです。どうぞよろしくお願いします。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

20170604_3_1.jpg

GSV研修に誘われて

5月10日、こまくさ苑でGSV(グループスーパービジョン)手法による事例検討の研修があるということで参加してきました。初めてのGSVでドキドキワクワクの参加でした。
なのはな会第1号のグループホームである『スピカ』は、双葉ヶ丘の借家でスタートしました。
サポートセンターの事業には送迎が不可欠です。機動力があってこその地域生活支援なのです。つまりは車輌のことです。最近、新旧の交代劇がありました。

春のお花見と町内清掃に参加しました

土筆やオオイヌノフグリなどが顔を出し、春の息吹を感じられる季節となりました。今年も4月9日に町内会の春のお花見と町内清掃に参加させていただきました。

年度の始めに

4月3日辞令交付式の後に、年に一度のサポートセンター職員が全員集合する会議があり、昨年に引き続き『職員による選手名鑑』作成や自己紹介、メインイベントの各事業のスローガン発表がありました。