おおむね2才~6才の発達に心配のある子どもたちが、基本的に通園バスで単独通園し、小集団の子どもたちの中で生きる力を育んでいく発達支援の場です。